風俗に出会って人生が変わりました!今までは男として自信がなかったんですが風俗に行くようになってから自信がついて明るくなりました!そんな大好きな風俗の話を語ります!

最高の抱き心地女性

サラリーマンで全国各地を営業で飛びまわっています。29歳になり、主任になってからはますます部下を連れて新幹線に乗り色んな所に出張をするようになりました。週末になるとそのまま泊まることもあります。そんなときには部下は先に帰して自分はビジネスホテルでデリヘル嬢を頼むようにしています。地元の雑誌などを買い読んでみると、女性向けに求人を出しているお店をみつけることができます。そうしたところをネットで検索してみると、デリヘル店の場合があります。たくさん女性を募集しているお店の方が良い女の子が集まるという気がします。そこで、有名店をピックアップして電話をかけてみると、人気NO1の女性が今予約可能ということで、早速仕事の終わりに合せて予約しました。女性は意外と大柄で、おっぱいはFカップという大きさでした。シャワーを浴びて一緒にベッドに行き抱きしめると、かなりのふわふわ感。抱き心地が最高でした。最高の気持ち良さを堪能させてもらいました。

タマ舐めにこだわる

28歳の妻子持ちの会社員です。いつも仕事が終わるとすぐに家に帰り、浮気などもしたことがありません。しかしその割にセックスはほとんどしておらず、子供もまだ小さいので妻も相手にしてくれないです。なかなかおっぱいも触らせてくれないので、日々自分で慰める毎日です。そこで、あるとき会社の研修で遠くに泊まりになったときに生れて初めてのデリヘル体験をしてみました。昔、妻と歩いているときに駅前でもらったティッシュにデリヘルの求人募集が載っていたのですが、まさか自分が遊ぶことになるとは思っていませんでした。ホテルに女性を呼び、ドキドキしているとドアをノックする音がドアを開けてみると、小柄ながらセクシーな女性が立っていました。シャワーを浴びてイチャイチャしてからベッドへ。フェラを丁寧にしてくれる女性でしたが、なぜかタマをすごく丹念に舐めてくれました。僕も嫌いじゃないので頭を撫でつつ見ていると、あまりにもいやらしいのでたまらなくなり、お口にドバっと放出してしまいました。

デリヘル嬢で修行をしてみました

21歳の大学生です。僕はどうしても風俗遊びをすることに抵抗があったのですが、彼女が出来てエッチをしているときにどうも反応が薄いような気がして、自分はテクニックがないのでは?と不安になってしまいました。そこで、彼女が持っていた雑誌を覗見ているときにふと気になった求人があったのでスマホで見てみると、そこはデリヘルサイトでした。彼女がデリヘルで働いているわけではないと思うのですが、もしかして女性にとって風俗で働くことも特別ではないくらいにエッチには貪欲なのでは?と思い、自分の修行も兼ねてデリヘル嬢を呼ぶことにしました。どこにしようかと色々とスマホからネットで検索して、自分好みの女性がいそうなところに電話してみました。やってきた女性はかわいらしいタイプで、自分が思っていた風俗のイメージを覆すようなキュートさでした。そこでまるで彼女とエッチするようにキスをして胸を触り、アソコを舐めて行きました。終わったあとに女性に感想を訊くと、「普通です」との答え。まだまだ修行しようと思います。

極太バイブが入らないキツさ

私は34歳の独身男性です。1人暮らし歴が長いので、だいたいのことは自分で出来るので、彼女も奥さんもいらないなと思っているのですが、さすがにエッチは1人でやってばかりなのは辛いです。このまま1人では寂しすぎるのでたまに風俗に行くようにはしています。街の本屋で、風俗雑誌を買うこともあるのですが、意外と狙い目なのは女性の雑誌に求人を出しているデリヘル店です。女性向けに募集しているくらいですから、しっかりした店であることは保証されていますし、目立つ広告を出しているくらいですから、色んな女性が来ているはずです。そこで、有名店を探してネットから女性を選び、予約を入れています。私の家はマンションなのですが、高層階にあるので1階まで出迎えに行きました。すると、OL風の女性が到着。エレベーターで手を繋ぎ、部屋に入るとディープキスをしてすぐシャワーへ。オプションでバイブ遊びを加えたんですが、アソコがキツくて入らないほどの名器。指と舌で堪能してからお腹に出してしまいました。

黒いロングヘアーの美女

僕の好みは黒い純情そうな髪をした女性です。いまどきそんな女の子に幻想を持っているなんてちょっとおかしいと思うかもしれませんが、僕の理想は20歳のときに付き合った彼女で、その子が黒髪で処女を守る真面目な子だったんです。しかしその子は結婚するまでは貞操を守るとのことで、何もさせてくれませんでした。さすがに性欲ばかりは抑えることができません。そこで、デリヘルを頼むことにして、なおかつ純情そうな子をお願いすることにしました。求人などを見ると、色々な女性を募集しているお店も多いようなので、もしかして処女の子もいるのではないかと思います。僕の好みに合う女性がいるのか心配だったものの、実際に部屋に来た子は黒髪にロングヘアーの美女でした。僕は思わず恋をしてしまうくらいでしたが、しっかりとエッチなことはしないと損です。ベッドで裸になった女性と抱き合うと、真剣になってしまいそうでした。最後はしっかりとおっぱいの上に白い液体を出してしまいました。

沖縄 求人 デリヘル

タイトスカートは好きですか

僕は43歳の会社員です。会社は小さいながらも業績好調な会社ですので、僕は経済的には安定しています。そこで、週末には部下を連れて飲みに行くことも多いのです。そこでいつも事務員の女性も連れて行くのですが、正直いつもお酒が入りムラムラしてしまいます。隣に女子社員がいるときに常に目を持って行ってしまうのが、タイトスカートです。その下にはどんな下着が隠されているのだろうか?と思うだけでついついムラムラしてしまうので、家に帰るとすぐにデリヘル嬢を呼んでしまいます。女性向けの求人サイトなどを見るとタイトスカートで映っている女性も多くいるのが気になっていたのです。リクエストを店員に伝えるとやってきた女性は見事に理想的なタイトスカート女性。僕はそのままスカートを脱がずにおいてもらい、下からのぞいてパンティを見たりして興奮してしまいました。もちろん最終的にはベッドに裸になり、濃厚なフェラでお口いっぱいに出してしまいました。しばらくこれで会社でムラムラがなくなりそうで安心しました。